楽しく「枠」にはまらない幸せな生き方を追求するカルチャーマガジン

【SUNSET STYLE’S 2018 PICK UP!】RHYMESTER

SUNSET STYLE’S PICK UP!では、SUNSET LIVE2018出演アーティストの中から、PICK UPさせていただいたライブレポートをご紹介。

9/1の「Palmステージ」でライブを行ってくださった「RHYMESTER」をPICK UP!

 

 

Profile

RHYMESTER

1989年結成。宇多丸(Rap)、Mummy-D(Rap / Total Direction / Produce、作曲家としての名義は「Mr. Drunk」、また別参加ユニットに竹内朋康との「マボロシ」がある)、DJ JIN(DJ / Produce、別参加ユニットにDJ集合体「breakthrough」、インストゥルメンタルバンドCro-magnonとの「Cro-Magnon-Jin」がある)からなるヒップホップ・グループ。別名「キング・オブ・ステージ」。

活動初期の頃の日本にはまだ、ヒップホップ文化やラップが定着しておらず、日本語ラップのやり方はもちろん、日本人としてどのようなラップをすれば良いのかなど、試行錯誤を重ねて曲を作り、精力的なライブ活動によって道を開き、今日に至るまでの日本のヒップホップ・シーンを開拓牽引してきた。

今日ではグループとしての旺盛なリリース、ライブ活動の一方で、メンバーそれぞれがラジオパーソナリティ、役者としてなど、多方面で活躍している。

出典元:RHYMESTERオフィシャルサイトより

 

 

ライブレポート

RHYMESTER!!RHYMESTER!!RHYMESTER!!」

 

パフォーマンスが始まる前から、RHYMESTERを呼ぶ観客の声で、会場が揺れていました。

 

宇多丸「またまたSUNSET LIVEに帰って来ました。夏、終わりますね!」

 

「最後の夏がやってくるーーー!時刻は午後6時!」

 

の声で始まる「JIN – TRO

会場後方まで手を挙げ、体を揺らすオーディエンス!

 

日本のHIPHOPの歴史を作り上げて来た、貫禄ある彼らのステージパフォーマンスは、観客のリアクションを見れば納得のもの。

 

DJ JINが「After 6」をスピン!

 

歓声とともに、会場はダンスタイムに突入。

踊って、飛んで、歌って。
オーディエンスの皆が混ざりあい、同じこのノリを感じ合う。
アップテンポな楽曲で、誰もがこのテンションに混ざり、笑顔になる

 

「福岡、さわげーーーー!!!」

 

数々のライブで研ぎ澄まされたトークタイムも、RHYMESTERのLIVEでは楽しみポイントの一つ。
お三方のやりとりに、会場は笑いに包まれる。

 

そしてもちろん、ライブのお約束。
みんな大好き「B-BOY イズム」は、今回もしっかり披露くださいました!

オールドスクール、これぞHIPHOPと言える名曲。

もはや歌詞カードは不要。
オーディエンス全員が口ずさみ、RHYMESTERと共に歌い、熱狂的な盛り上がりをみせる。

 

安定した素晴らしいライブパフォーマンスに、オーディエンスは手を掲げ、RHYMESTERに応えます。

 

最後は「サマー・アンセム」でRHYMESTERPalmステージパフォーマンスは終了。
平成最後の夏は、お三方でしっかり終えることができそうです!

 

PalmステージでパフォーマンスくださったRHYMESTERのみなさん、最後まで素敵なステージをありがとうございました!

 

撮影:樋渡新一、日隈天明

取材:SUNSET STYLE 編集部

 

SUNSET STYLE’S 2018 PICK UP!/

91日、2日の2日間に渡り、パフォーマンスくださったアーティストのみなさんをPICK UPして

ご紹介!
SUNSET STYLE上でも、SUNSET LIVE2018を楽しんでください!

PICK UPアーティストはこちら

>> https://sunsetstyle.jp/tag/sunsetstyles_2018pickup

Follow