楽しく「枠」にはまらない幸せな生き方を追求するカルチャーマガジン

【SUNSET LIVE2018】KID FRESINOインタビュー「レコーディングの可能性は無限」

 

2018年6月某日。
SUNSET LIVE2018の出演が決定したKID FRESINO氏に、ライブツアーで来福したタイミングでインタビューを敢行。

音楽シーンにおいて、最注目アーティストとして度々話題に上がる彼に、楽曲制作や注目しているアーティスト、ファッション感などを伺いました。

 

 

── 福岡DRUM-Be-1を皮切りに、ライブツアーがスタートするようですが、今回のライブツアーを組もうと思われた経緯をお聞かせください。

KID FRESINO氏(以下FRESINO):バンドセットのライブを今年の頭に東京でやったのですが、そのリベンジバージョンというか。前回はリハーサルもあまりできなかったり、ちゃんと作り込めなかったりもしたので、そこも気になっていて。

どうやったらもっと楽しくなるかなーとか考えて、そんな流れで今回はそのリベンジのようなところもあります。

 

バンドセットのライブは難しいですね。
でも、バンドセットには需要がある。
その理由を自分の中で解明したいんです。

 

自分でやっていると、バンドの場合は音が出切っていないような感覚があって。
打ち込みの場合は、時間をかけて作りあげた音の上にラップをするので、迫力があるんですけど。

バンドセットのライブは難しいのかなぁと思いつつ、他のHIP HOPアーティストのライブなどを観に行くと、バンドのほうが明らかにエネルギーを感じるんですよね。

それが何なのか解明したくて。

集まっていただいたバンドメンバーの方は、皆さんめちゃめちゃうまい方ばかりなので!
(福岡もバンドで、という話だったのですが、皆さんのスケジュール問題もあり、今回は難しかったんです。)

 

 

自身の楽曲制作

── いまでもご自身でトラックは作られますか?

FRESINO:はい、作ります。良い元ネタがあったりすると作り始めます。

── 制作はご自宅以外などでもされますか?また、差し支えなければ、使われている機材も教えてください。

FRESINO:自宅以外では作らないです。
機材は” Native Instruments “という会社がリリースしている” Maschine MK3 “というサンプラーを使っています。

 

── サンプリングで作られることが多いですか?

FRESINO:はい、サンプリングでしか作らないです。基本的には。何か足したいなーというときには、MIDIでサンプラーに直接鍵盤を繋いでちょこちょこ触る感じです。

── ラップしている時とトラック制作をしているときでは、どっちが楽しいですか?

FRESINO:んー、楽しいのはラップですかね。レコーディングしている時は特に。

レコーディングに関しては、自分の歌い方次第で可能性が無限にあるのでそこが楽しいのだと思います。
ラップはやらなきゃいけないという感じで追われてもいるんですけど、いざやり始めると楽しくて。そんな二つの思いが交錯しています。ラップに関しては。

── 先日発表されたJJJ氏との楽曲「MIND(yefreestyle)」ですが、この楽曲はどのような経緯で生まれた楽曲でしょうか?また楽曲への想いもあればお聞かせください。


FRESINO:トラックはよくjから聞かせてもらったり、送ってもらってて。あのトラックもラップを入れたものが送られてきて、ラップ入れてくれない?と言われたので「良いよー」という感じでシンプルにできました。
特別な想いは特になく、日々の楽曲制作の流れの中でできた一曲です。

kidfresino-sunsetlive2018-4

 

 

新譜は毎日チェック

── 最近注目しているアーティストの方がおられたら、教えてください。

FRESINO:注目しているアーティストは、Skee Mask、Baba Stiltz。

聴くジャンルは、ハウス、エレクトロ、ヒップホップ、R&Bなどで、あとはジャケットを見て気になったものは聴いてみようという感じで聴いています。

 

── いまでもレコードは買われますか?

FRESINO:レーコード掘るのはもうやめました。じゃまだから!笑

── 楽曲は普段どんな風に探しますか?

FRESINO:インターネットで新譜情報サイトを毎日見てます。
そこで気になったものを名前とタイトルをコピーしてYou TubeやApple Musicで検索して聴いてみるという感じで聴いています。ジャケットが良いなと思ったものをよく聴きます。
ヒットの確率も高いです。特にハウス、エレクトロは!

 

 

FRESINO氏と海外、そしてファッション感

── 海外にミキシングを学びに行かれたと聞きましたが、学ぶ前と後で、音楽の聴き方は変わりましたか?

FRESINO:それが、、、その予定だったんですけど、学校がつぶれて帰ってきたんです。笑

入学金を払おうとした日に学校が無くなるという連絡が来て、ビザもその学校に通う用で取り直していたので、日本に帰って来ないといけなくなってすぐ帰ってきました。

──そうだったんですね!!ショックでしたか?

FRESINO:いえ!学ばなくてもいいよ、ってことだったのかなぁと!笑

── もし今、海外に行くとしたら、行ってみたい国はありますか?

FRESINO:ロンドン!
友達がいて、1ヶ月だけ住んでたというか行っていたんですけど、人生で多分一番楽しかったです。機材もNYから持ち込んで、レコーディングとかもしながら滞在してました。

NYは街が碁盤の目のようになっていて建物が四角しかないけれど、ロンドンの建物には曲線があってドーナツ型になっていたりもするんですよね。湾曲していたり、そんなところにワクワクしてました。イベントも倉庫でやっていてすごく楽しかったです。

それから、ハウスミュージックを理解したのが、ロンドンでした。

僕はソウルからヒップホップという入り方で音楽を聴いてきて、四つ打ちの良さは正直わからなかったんです。
でも、(普段酒は飲まないけど)そのときは友達に飲まされて、「最前列に行くんだよ!」と、最前列に連れて行かれて、その時に、ああこういう感じが良いんだなぁと思いました。

 

── 若者を中心に、ファッションも注目されているように思いますが、こだわりや好きなブランドはありますか?

FRESINO:うーん、そうなのかなぁ。
自分ではめちゃめちゃ無難なものを着ているつもりなんだけど。ファッションは別に興味があるわけじゃないけど、デザイナーの友人は多いかもしれません。その人たちから服をもらったりもするので、それを着たりしているのを見てくれているのかなぁ。

マルジェラとギャルソンは好きです。

KID FRESINO氏 LIVEの様子

 

── 大雪の時のPV「Coincidence」がとても印象的でしたが、あのPVはどういった流れで撮影されたのでしょうか?

FRESINO:PVは台湾で撮る予定だったんですけれど、あの日、東京で大雪が降ったときに、夕方監督から急に呼び出されて。その時は実家にいたんですけど、「いま来られる?」と言われて、新宿に行って撮影しました。

── アルバム制作のお話があると聞きましたが、進んでいますか?

FRESINO:順調ではないです、全く。笑
急いでいるつもりだけどなんかあっという間なんですよね。時間が経つのが。

状況がめちゃめちゃ変わったり、音楽じゃないところで、プライベートでもいろいろ忙しくしていたので、遅れてはいますが、最近はペースが上がってきています!

kidfresino-sunsetlive20181

SUNSET LIVE2018に向けて

── 最後に、糸島で開催されるSUNSET LIVE2018にご出演とのことで、ライブに参加される皆さんへ、ひと言ございましたら。
FRESINO:ロケーションも素晴らしいと聞いているので、ゆるい感じで楽しんでいただけたらと思います。

 

取材、撮影、編集:SUNSETSTYLE編集部

 

PROFILE

KID FRESINO(キッドフレシノ)

Twitter
https://twitter.com/KidFresino_Info
SoundCloud
https://soundcloud.com/kid-fresino
Officicial HP
http://spaceshowermusic.com/artist/12292204/

Follow